電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代コスト削減おすすめ業者

ワイズヴォイス株式会社
業界トップクラスの通話料金削減が可能!「ワイズヴォイス株式会社」

企業での通話にかかるコストを大幅に削減するために利用したい企業としてまずおすすめなのは、こちらの「ワイズヴォイス株式会社」です。こちらの会社で最大の魅力は、1秒単位で課金するという「1秒電話」です。
一般的な3分単位での請求では、3分以内の通話でも3分での請求となっていましたが、1秒単位ならより細かい時間での請求となるので、通話料のムダをなくせます。ですから、短い通話が多い企業には最適のプランです。

通話時間がもっと長めでも、「3分でんわ」を利用すれば他キャリアよりも通話料金の削減が期待できます。特に携帯電話からの発信が多い場合は、NTTひかり電話と比較してもコストを大幅にカットできます。また、ワイズヴォイスでは国際電話やフリーダイヤルのコスト削減ができるプランも用意しています。

これらの通話料金削減を可能とするプランの他に、ワイズヴォイス株式会社ではスマートフォンを内線化できる「スマホ内線化システム」も用意。スマホをさらに便利にできる上、通話料金削減にも貢献します。

また、ワイズヴォイス株式会社は唯一Pマーク(プライバシーマーク)を取得しており、個人情報の保護・取り扱いという点においても信頼できます。

あらゆるビジネスでの通話料金削減をしたいなら、ワイズヴォイス株式会社のプランを検討してみてはいかがでしょうか。

ポイント1
1秒単位の請求で短い通話の料金を大幅削減!
ポイント2
長めの通話でも通話料金削減ができる「3分でんわ」
ポイント3
国際電話やフリーダイヤルのコストを減らせる便利なプランも用意
ポイント4
割引サービスやスマホ内線化も可能!徹底的なコスト削減ができる
株式会社ドリームソリューション
コールセンターの通話料金カットと効率化サービスを提供「株式会社ドリームソリューション」

営業やテレアポで架電が多い企業、コールセンターを運営している企業で便利に利用できるサービスを多く提供しているのが「株式会社ドリームソリューション」です。

こちらの会社でも、最初にご紹介したワイズヴォイス同様に1秒単位の課金でムダのない通話料金を実現する「1秒課金」を行っています。3分課金でムダな通話料金を発生させがちな短時間の通話が多い企業では、このような1秒課金の方が通話料金の大幅削減が実現できます。最大90%もの通話料金削減も可能です。

その他にも、ドリームソリューションではコールセンター向けのIP電話サービスも提供しています。そして、コールセンターでの業務効率化アップを目指せるコールシステム「ドリームコール」では、テレアポにかかる手間をカット。効率的に架電できるシステムなので、ムダを省いたコールセンター運用ができるでしょう。

また、FileMakerと連動したアウトバウント型CTI「阿修羅ダイヤラー」も用意。FileMakerを使っている企業での架電をFileMakerで管理ができるので、より効率化が期待できます。

ポイント1
最大90%の通話料金削減もできる!秒単位課金「ドリームコールスーパー」
ポイント2
コールセンター向けのTrunk提供・SIPフォンサービスも提供
ポイント3
クラウドCTIでテレアポ業務の効率アップを低コストで可能に!
ポイント4
架電効率もアップが期待できるFileMaker連動のCTIも提供
株式会社アジャストワン(オフィスライン)
通常通話もフリーコールも安く!インターネット利用も安くできる「オフィスライン」

株式会社アジャストワンが提供するサービス「オフィスライン」は、KDDIの高品質なIPネットワークを利用して1秒単位で課金を行うサービスです。

1秒単位の課金となるので、コールごとに出ていたムダな通話料金をカットできます。オフィスラインを導入している企業でも、通話料金の削減が実現しており、導入企業の削減実績は平均なんと57%。通話料金のムダを省きたい場合にはおすすめです。

また、株式会社アジャストワンではコールセンターでよく使われる「0120」「0800」からはじまるフリーコール向けの1秒課金「オフィスラインフリーコール」のサービスも提供しています。フリーコールでかかる通話料金も1秒単位の課金となるため、短時間の着信でもムダなく済ますことが可能。電話番号の切り替えもスムーズなので、コールを切らすことなく利用できます。

その他にも、さまざまなキャンペーンや割引制度を行っており、利用者向けのサポートも手厚いのがポイントです。

ポイント1
平均57%の削減実績!高品質な回線を安く利用できる1秒課金の「オフィスライン」
ポイント2
フリーコールも1秒単位の課金で通話料金削減!「オフィスラインフリーコール」
ポイント3
「オフィスライン光」なら高品質な高速インターネットも安くできる
ポイント4
安心して利用できるサポート体制とお得な割引制度を用意!
株式会社コスト削減グループ(ネオ・ビジネスライン)
通話料金のコストカットやテレアポ効率化サービスが豊富「株式会社コスト削減グループ」

電話料金のコストが高い、またはテレアポや営業でたくさん電話をかける事業所などにおすすめできるサービスを提供しているのが、「株式会社コスト削減グループ」です。

こちらの会社では、電話料金を格段に安くできる「ネオ・ビジネスライン」というサービスを提供しています。料金プランが3種類用意されているのが特徴で、電話の利用状況に合わせて最適なプランを選べます。しかも、開設や移設、増設がスピーディーなので、すぐに使えるメリットもあります。

その他には、フリーコールの通話料金を安くできる「0120・ネオ・フリーコールサービス」、テレアポに特化したコールシステム「ネオ・クイックコール」、電話機と顧客管理を連動させた「ネオ・コールマスター」といったサービスも提供しています。いずれも電話料金のコストカットに役立つ上、テレアポ営業の効率化に便利なサービスです。

ポイント1
ネット経由の通話で通話料金コストを下げられる!「ネオ・ビジネスライン」
ポイント2
ネオ・ビジネスラインは3種類のプランを用意!利用状況によって最適なプランを選択可能
ポイント3
テレアポ業務のコスト削減!フリーコールやコールシステムも利用できる
ポイント4
電話機と連動して顧客情報を一元管理!「ネオ・コールマスター」
株式会社アライブネット(アライブライン)
通話料金コスト削減とコールセンター向けクラウド型CTIを提供する「株式会社アライブネット」

格安IP電話を使用した電話回線サービスを取り扱っている「株式会社アライブネット」では、業界最安値を謳うサービス「AliveLine」を提供しています。

こちらのサービスの大きな特徴は、課金体系が2種類あるという点です。1秒単位で課金を行う「秒課金プラン」、もしくは1分単位の課金である「1分課金プラン」から最適なプランを選択できます。電話の使用状況によりプランを使い分けることで、より効率的に通話料金のコストカットに役立ちます。どちらのプランが適しているかは、株式会社アライブネットで利用状況から診断を行っています。

また、このAliveLineを利用したクラウド型CTIとして、コールセンター向けのシステム「Voiper」の提供も行っています。コールセンターでのオペレーター・マネージメントの質や稼働率向上などに役立つ多彩な機能が利用でき、コールセンターの業務効率化や品質・収益性の向上をサポートします。

通話料金にかかるコストカット、またはコールセンターの業務効率向上を目指すなら、こちらの会社のサービスも利用価値があるでしょう。

ポイント1
2種類のプランから選べるIP電話サービス「AliveLine」
ポイント2
2プランの同時利用も可能!最適なプランの診断も受けられる
ポイント3
150社もの企業で通話料金削減成功!最大65%の削減を達成した実績も
ポイント4
コールセンターの業務効率化を図れる、AliveLineを利用したCTI「Voiper」

よく読まれている記事

コールセンターの通話料金のコスト削減ができるサービスは多数あります!

はじめまして。私は31才男性、テレアポ会社で働いています。職場の業務が業務なので、普通の生活ではまずあり得ないというほど、かなり多くの電話をかける毎日を送っています。数にすると、毎日かける電話は100件は超えているでしょうね。もちろん、私だけではなく他の従業員も全員、毎日100件以上は電話をかけているはずです。1人あたり1日100件と考えても、会社全体では1日分だけでもかなりのコール数になるかと思います。

私自身も仕事でたくさん電話をかけているのですが、これだけ電話をかけることはプライベートではまずありえませんよね。仮に、テレアポのようにプライベートで電話を何度もかけてしまうと、当たり前のことですが通話料金がかなりかさんでしまいます。1日100件を毎日繰り返したら、とんでもない電話代になることでしょう。

そんなことを考えている時に、ふと思いました。私の職場のようなコールセンターを運営している会社は日本中にたくさんありますが、どこも同じように毎日大量の電話発信を行なっているはずです。いくら企業だとしても、通話料金だけでもかなりのコストになりそうですよね。とはいえ、企業は法人扱いでしょうから、個人で電話をかけるのとはまた料金が違うのかもしれません。

法人向けの電話料金についてネットで調べてみると、コールセンター向けにさまざまな通話料金のコスト削減ができるサービスが提供されていることを知りました。こういうサービスを利用して、テレアポ会社ではコストカットを行なっているというわけなんですね。

そこで今回は、法人におすすめな通話料削減に便利なサービスをまとめてみました。

どうしてもコストがかさむコールセンターでの通話料金を減らすには?

個人向けの携帯電話で行われている定額話し放題のサービスはまた別の話にはなりますが、電話をかけると、その通話時間分だけ料金を支払う必要があるということは常識ですよね。家庭の固定電話や携帯電話でも、同じことが言えるはずです。

ところが厳密に言うと、家庭向けの固定電話や携帯電話の電話料金は、本当に利用した時間の料金ではないことが多いはずです。どういうことかというと、一般的に固定電話も携帯電話も1分、または3分単位での計算となっているからです。いずれにしても、分単位での料金計算となっています。

このような料金計算では、たとえば3分を1秒でもオーバーした場合は3分単位の課金なら6分、1分単位の課金なら4分の料金というように、繰り上がって計算されてしまうんですね。端数になった秒・分数が切り捨てられることはまずありません。通常の電話で通話時間をチェックしながら話すことはほとんどないかと思いますから、きっちり1分または3分で通話を終えることはないでしょうから、普段の通話ではたいてい端数が発生しているはずです。つまり、通話ごとに端数分が繰り上がった通話料金を支払っていることになります。そう考えると、毎回出ている端数分の通話料金がもったいないですよね。

法人向けの電話でも、同様に3分単位での課金が行われているケースがあります。個人の電話と同じく、端数分は切り捨てられることなく、切り上げて計算されてしまいます。電話を多く使うコールセンターのような場所で端数分の通話料金まで支払っていては、ムダな通話料金だけでもとんでもない額になることは珍しくないでしょう。企業側でも、コールセンターを運営する上で通話料金を削るのには限度がありますが、通話時間の端数分を減らせるものなら減らしてコストカットをしたいと思うのは、自然のことではないでしょうか。

電話を多く使うテレアポ会社のような企業では、通話料金削減のために電話回数を減らしてしまっては、その分業績にかかわります。そのため、通話料金を少しでも減らすための方法として、電話料金を削減できるサービスを提供している会社を利用するという選択肢が挙げられます。

本当に使った分だけの通話料金でコスト大幅削減を実現する「秒課金」サービス

今回ご紹介した5社は、いずれもコールセンターに適したサービスを提供しており、これを利用することによって通話料金の削減が実現できるのです。このようなサービスを行う会社の情報をまとめてみると、多くの会社では1秒単位での課金サービスを行なっている傾向があることがわかります。

これは、1分単位の課金でも発生していたムダな通話料金をギリギリまで下げる方法として、1秒単位の課金がもっともムダを減らしてコストカットにつなげられるから、という理由があるからだと思います。使用状況にもよりますが、秒単位の課金は最大で90%もの通話料金のコストカットの実現ができるほど、高い効果が期待できるともいわれています。

なぜ秒単位の課金を導入するだけでそこまで高い削減率が実現するのか、その理由は、営業電話やコールセンターでの通話の特徴にあります。営業やコールセンターでの通話は、3分以上の長い通話よりも1分以内の通話が圧倒的に多いといわれています。実際、私も仕事でテレアポを行なっていますが、そこまで長電話をすることはほとんどなく、大半が短い通話で終わってしまいます。

テレアポでは、電話がつながってもいわゆる「お断り」されてしまう電話が多いのが、その原因ですね。たとえ電話に出てもらえても、お断りをされてしまっては1分もかからずあっさりと通話が終わることは珍しくありません。そんな短時間の通話でも、通常なら通話料金hあ1分または3分課金では分単位の課金になります。

通話ごとに端数が出ることが多いテレアポで、端数分を含めた通話料金を毎回支払っていては、コストが膨大になりかねません。つまり、テレアポでの通話は3分単位の課金はもちろんのこと、1分単位の課金でもムダな通話料金が発生する可能性が高いという特性を持つ業務なのです。

そのような通話内容や通話時間の特性を考えると、特にコールセンター業務を行なっている企業では、秒単位での課金を行なってもらえるサービスを利用した方が本当に通話に利用した分の時間だけ通話料を支払えばいいので、通話にかかるコストを大幅に減らせる期待ができます

また、一部の通話料金コスト削減サービスを提供している会社では、長めの通話が多い企業に対して1分または3分課金サービスも提供するなど複数の料金プランを用意していたり、定額話し放題を提供しているところもあります。通常のNTTなどの課金方式と同じ長さの3分課金でも、通話料金そのものを安くできるサービスとなっています。秒単位や1分単位、3分単位、または定額話し放題とさまざまなサービスが揃っていますが、いずれのサービスが最も適しているかという点は、各サービス提供会社で企業の利用状況を分析・判断して提案してもらえます

通話料金削減サービスと併用して利用できるコールセンター向けサービスも

通話料金コスト削減ができるサービスを提供している会社の多くでは、コールセンターで便利に利用でき、かつコスト削減にもつなげられるさまざまな付随サービスも併せて利用できるようです。

コールセンター向けのサービスとしての通話料金削減サービスと併用できるものとしては、0120や0800から始まる通話料着信者払いのフリーコールの料金も安くできるサービスがあります。テレアポではなく、外部からの受電が多いカスタマーサービスなどを行う企業では、フリーコールのコストが高くなることもあるでしょう。通常、フリーコールは電話の発信にかかる料金のような割引を受けられることが少なく、コストを下げるのは難しいのだそうです。

そんなフリーコールでも、各会社で提供しているフリーコールの割引サービスを利用すれば、従来使用していた電話番号を変更することなく、1秒課金などで通話あたりにかかるコストの削減につなげられます。フリーコールに必要な多彩な機能も盛り込まれているため、通話料金削減とフリーコールの効率化が可能となります。

また、コールセンターの業務効率向上を叶えるコールシステムを同時に提供している会社もありました。コールセンターでは、多数のテレアポがそれぞれ電話をかけていますが、1日100件を超える架電となると、その集計だけでも大変な仕事になることは想像に難くないでしょう。

そんなコールセンターでの業務では、電話をかける際のダイヤルひとつも、時間がかかることがあります。コールシステムがあれば、ボタンひとつ押すだけで電話をかけられ、コール数を増やすことも可能通話内容の録音ももちろんでき、稼働状況などを分析して自動的にレポートを抽出までできるのだそうです。そのデータによってさらに業務効率化が望めるというわけです。通話料金が削減できるサービスと共に使用すれば、業務改善をして効率アップもでき、一石二鳥の組み合わせになりそうですね。

ただ単純に通話料金のコストを減らせるだけではなく、業務そのものを改善できるサービスも併用できる会社が多いなという印象がありました。通話料金をできるだけ安く済ませるのも大事ですが、コールセンターでは業務効率化のためにオペレーターの業務の品質アップも重要視されているといえそうです。

今回ご紹介した会社には、ビジネス利用向け、またはコールセンター向け大口契約向けの割引サービスを実施しているところもありました。このようなサービスを利用すれば、さらに通話料金をお得にできるでしょう。

コールセンターでは必ずかかる費用である通話料金をできるだけカットして、さらに業務効率化を図れるサービス、利用してみると思いのほか削減効果を実感できるかもしれませんね。

記事一覧

電話代削減の注意点は、主に3つあります。1つ目は、元が取れるまでの利用期間を確認しておく事です。また今までに使 ・・・[続きを読む]
電話代削減の専門会社は、基本的には即日対応してくれます。見積もりなども当日中に出してくれますし、電話の番号など ・・・[続きを読む]
少し意識をすることで、電話代削減をすることが可能です。 あまり長電話をしないことが非常に重要ですが、他にも、い ・・・[続きを読む]
通信費や電話代削減を考えているなら、企業の電話代削減を実現する法人向けの業者を利用するのが一番です。 法人が通 ・・・[続きを読む]
  電話代は企業の経費が増えるためなるべく減らせるようにしたいもので、どのようにすれば良いか知ると効 ・・・[続きを読む]
サイト内検索
電話代コスト削減おすすめ業者
ワイズヴォイス株式会社
株式会社ドリームソリューション
株式会社アジャストワン(オフィスライン)
株式会社コスト削減グループ(ネオ・ビジネスライン)
株式会社アライブネット(アライブライン)