電話代削減のためには高い理由を把握する

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/11/30

法人によっては、通信費に関する悩みを抱えており、経費を見直してみるものの、電話料金が高い状態ですと、節約が検討される事も多いでしょう。

通信費を節約する為には理由を明確にしておくのが望ましいです。

自社の電話の状況を確認し、割引サービスなども検討してみるといいでしょう。

 

 

内線通話が多いので電話料金が高く付く

通信費が高く付いてしまう理由は色々ありますが、社員間の通話に関して割引サービスを利用していない場合などがあります。

会社によっては、あまり外部の企業には電話せず、むしろ内線の方が多い企業もあります。

大人数で事務作業を行っているセンターですと、従業員同士で通話するケースも珍しくありません。

他社への通話というより、むしろ自社の内線通話がメインになる場合等は、法人契約の割引サービスに加入しておくのが望ましいでしょう。

料金プランによっては、割引料金で内線通話できる事もありますので自社の「内線が多いかどうか」を確認してみるといいでしょう。

 

夜の電話が多いので料金が高く付く

電話料金が高くなる理由として電話をかける時間帯も重要です。

一般企業では、昼間の時間帯に電話している傾向があり、問い合わせ用の電話窓口は、受け付け時間は昼間限定になっている事も多いです。

しかし企業によっては、むしろ夜の時間帯に稼働している事もあります。

2交代制で活動している企業や、海外企業とのやり取りが多い法人ですと、昼よりも夜の方が通話頻度も多くなる訳です。

夜間の方が電話料金が高めになる事も、少なくありません。

ですから夜に電話する機会が多い企業ですと、通話料も高く付いてしまう傾向があります。

電話会社の料金プランも多彩ですが、中には夜間の通話料金が低めになるサービスもあります。

「夜の時間の電話が多いかどうか」も確認してみるといいでしょう。

 

格安プランの存在を知らないので料金が高くなる

料金プランの詳細を知っておくことも忘れてはいけません。

契約済みの電話会社は、どのような料金プランを提供しているかは、一度は確認してみるといいでしょう。

例えば上述の「内線料金は安くなるプラン」や「夜間の割引サービス」などの存在に気が付いていれば、電話料金を安くできる事も多いです。

さらに、かけ放題などのサービスを知っていれば、料金見直しもスムーズになります。

ある程度は割引サービスを知っておかなければ、なかなか電話料金の悩みも解決できません。

電話会社が提供しているプランは、一通り目を通しておく方がいいでしょう。

 

電話代を削減したい場合は、まず「なぜ」料金が高いのかを把握しておく必要があります。

そして、電話会社の公式サイトなどで、割引サービスを確認しておくといいでしょう。

おすすめ関連記事