電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

株式会社ドリームソリューション


営業やテレアポで架電が多い企業、コールセンターを運営している企業で便利に利用できるサービスを多く提供しているのが「株式会社ドリームソリューション」です。こちらの会社でも、最初にご紹介したワイズヴォイス同様に1秒単位の課金でムダのない通話料金を実現する「1秒課金」を行っています。3分課金でムダな通話料金を発生させがちな短時間の通話が多い企業では、このような1秒課金の方が通話料金の大幅削減が実現できます。最大90%もの通話料金削減も可能です。

その他にも、ドリームソリューションではコールセンター向けのIP電話サービスも提供しています。そして、コールセンターでの業務効率化アップを目指せるコールシステム「ドリームコール」では、テレアポにかかる手間をカット。効率的に架電できるシステムなので、ムダを省いたコールセンター運用ができるでしょう。

また、FileMakerと連動したアウトバウント型CTI「阿修羅ダイヤラー」も用意。FileMakerを使っている企業での架電をFileMakerで管理ができるので、より効率化が期待できます。

1秒単位の課金で最大90%通話料金を削減!「ドリームコールスーパー」

コールセンターにおける電話代削減のためにおすすめの会社として次にご紹介するのは、「株式会社ドリームソリューション」です。

多くの通話が1分以内と短時間で終わることが多い営業やコールセンターでのテレアポ業務では、一般的な3分課金の料金体系では3分以下の通話でも3分通話した分の料金が課金されてしまいます。そのため、3分課金は毎回の通話ごとにムダが多く発生する不利な課金体系となってしまいます。それに対して1秒単位での課金であれば、3分以下の通話で従来ムダとなっていた分をカットでき、大幅なコスト削減につなげられます。株式会社ドリームソリューションでは、そんな1秒課金を行うサービスとして「回線コンサル秒課金 ドリームコールスーパー」を提供しています。

こちらのサービスは、大手通信回線キャリアとコールセンター事業法人が共同開発した、営業部門やコールセンター向けに最適化されたもので、営業電話で多い1分以内の通話に合わせた課金となっています。課金単位は業界最短の1秒単位で、秒あたりの料金は0.0495円。実際に通話をした分だけの支払いのみで済ますことができるので、最大90%もの通話料金削減の実現が期待できます

コールセンター向けに便利なIPサービスも提供

株式会社ドリームソリューションでは、秒課金サービス以外にも通話料金をお得にできるサービスを提供しています。そのひとつが、「IP電話サービス」です。

ドリームソリューションのIPサービスには2種類があります。ひとつが、IP-PBX事業者またはコールセンター向けサービスである「Trunk提供サービス」。ドリームソリューションのSIPサーバーとIP-PBX事業者を相互接続認証させて秒課金で電話回線を提供するという内容のもので、電話回線を用意することなく、電話回線を利用できます

もうひとつは、SIP電話端末やGWから家庭用電話機へ接続をするSIPGW、ソフトフォンや携帯電話、IP電話アプリをインストールしたスマートフォンなどにSIP情報を入れるだけで利用ができる「SIPフォンサービス」です。こちらも電話回線が不要なだけではなく、PBXなどの電話設備も不要。インターネット回線があれば利用できるサービスです。

どちらのサービスも工事不要で、ドリームソリューションから発行されたIDとパスワード、ドメインを設定すれば、インターネット経由で電話が利用可能です。

テレアポ業務の効率化が実現するテレアポシステム「ドリームコール」

テレアポ業務を行う企業では、コール数がなかなか増えない、テレアポにかかる通話料のコストが高すぎる、パソコン操作に抵抗がある不慣れなオペレーター、または年配のオペレーターが多いなどの悩みを抱えているところもあるでしょう。コスト削減のためにも、業務の効率化は必要ではないでしょうか。

そんな企業で抱える悩みを解決するのが、株式会社ドリームソリューションが提供するクラウド型テレアポシステム「ドリームコール」です。こちらは、低コストでシンプルな業務効率アップを目指せるコールシステムです。

ドリームコールには、さまざまな機能が盛り込まれています。自動発信をし、あらかじめ設定した時間内に受信しない場合は次の架電先へ発信を繰り返し、相手が受信するまで架電し続ける「オートコール」は、自動で架電をしてくれるのでコール数アップが可能です。呼び出し時間の設定は画面上で簡単に行なえます。

リストをワンクリックするだけで発信ができる「クリックコール」もあります。クリックするだけの操作なのでかけ間違いを防止でき、電話番号を打つ時間の短縮にもつながります

そして、アポインターの数よりも多い回線数で架電を行い、つながったリストのみをアポインターへ接続する「プレディクティブコール」も利用できます。効率よく発信ができるため、架電数アップも期待できるシステムです。

その他にも、通話内容の録音機能やアポインターごと・全体の稼働状況集計・レポート、モニタリングなど多彩な機能を備えています。

このように、ドリームコールは低コストながら、業務効率化が図れるシステムとなっています。

FileMakerと連動したCTI「阿修羅ダイヤラー」

FileMakerを使用した顧客管理を行っている、ビジネスフォンまたは家庭用電話機で電話発信を行っているなどの企業におすすめなのが、多彩な機能を持つFileMakerと連動したアウトバウンド型簡易CTI「阿修羅ダイヤラー」です。

阿修羅ダイヤラーはFileMakerと連動したシステムなので、FileMakerで発信ボタンをクリックするだけで自動発信が可能。かけ間違いをなくすことができます。ダイヤルにかかる時間も通常のダイヤルプッシュよりも格段に素早く、時間短縮が可能であるため、架電効率のアップも期待できるでしょう。また、通話終了時も「終了」ボタンを押すだけのシンプルさです。

架電件数はログファイルとして保存され、架電件数やアポインターの勤怠管理も同時に行えます

通話録音機能もあり、通話が終了すれば録音も自動終了ができます。録音されたデータは各端末に保存ができ、NASを用意すればNASへの保存も可能です。録音したデータは、FileMakerの「録音ボタン」からすぐに探すことができ、さらにディレクトリ管理で録音データの管理・検索もできます。録音データはHDDを圧迫しないogg vorbis形式で保存され、右クリックで無圧縮wavファイルに変換も可能です。

この阿修羅ダイヤラーは、FileMakerを使ってはいるけれど通話録音装置と連動しておらず検索などが面倒という場合に、導入すると利便性が高くなるシステムといえるでしょう。

サイト内検索
電話代コスト削減おすすめ業者
ワイズヴォイス株式会社
株式会社ドリームソリューション
株式会社アジャストワン(オフィスライン)
株式会社コスト削減グループ(ネオ・ビジネスライン)
株式会社アライブネット(アライブライン)