電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代削減のために見直すべきポイント

電話代を削減するポイントは主に3つあります。

1つ目はIP電話、2つ目は加入している電話会社の統一、3つ目は割引の各サービスです。

たとえば、2社以上のサービスを利用するより、1つにまとめる方がお得な事もあるのです。

 

 

IP電話による通話料削減を検討してみる

多くの法人では固定電話は利用しており、ネット回線を導入済みの会社も多いと思います。

後者のネット回線にはIP電話というものがあります。

一般的な固定電話は、銅線という回線が採用されていて、いわゆる電話専用の回線です。

そしてIP電話は、WEBサービスを利用している状態なら、ネット回線でも通話する事ができます。

多くの事務所には、光ファイバーも開通していますが、その回線を活用して通話する方法もあります。

IP電話同士ですと、通話料が非常に安くなるというメリットがあり、インターネット関連の会社によっては、IP電話の無料サービスも提供しています。

法人によっては、得意先などの特定の方々に対する通話頻度が多くなり、長年付き合いがある得意先と、頻繁に電話でやり取りしている法人も少なくありません。

その場合、得意先との通話頻度も多くなる訳ですが、その得意先がIP電話を利用しているなら、自社もIPを採用する価値があります。

通話料金が無料になるので、電話料金を大幅に削減することができます。

 

2社で契約するのでなく1社に統一する

加入している電話会社を見直すと、通話料を削減できる事も多く、電話関連の会社は沢山あります。

法人によっては、複数の電話会社と契約している事があると思いますが、それを1社にまとめることにより、料金を節約できる場合があります。

そもそも通話料金は、電話する相手に左右される傾向がありますので、1社に統一する方が望ましい訳です。

スマホから自社オフィスに電話する場合でも、電話会社が統一されていると、通話料は抑えることができます。

そのため、料金が気になる時は電話会社の統一も検討してみると良いでしょう。

 

電話会社の割引やプランなどを見直してみる

料金プランや割引の見直しをすると、料金を安くできる事も多いです。

ビジネス割引などのプランではなく、事業者によっては個人プランに加入している事がありますが、かえって料金が高く付いてしまう場合があります。

法人割引などのサービスの申し込みをしておくと通話料を削減できる場合があります。

さらに、法人によっては通話時間が非常に長くなることもあると思いますが、長電話ですと電話料金も高く付いてしまいます。

ですが、定額プランや、かけ放題のプランもあって、そちらを選択することにより電話料金は月額の範囲内に収まります。

現在の料金プランを見直し、再度検討してみる価値があります。

 

上述のように、電話代の見直しに関するポイントは複数あります。

基本的には、割引サービスに着目してみると良いでしょう。

電話会社の割引サービスに加入しておくだけでも、かなりコストを節約できる事も多いからです。