かけ放題プランが電話代削減に役立つ

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/17

電話の使用状況によっては、料金が大きくなってしまう場合があります。

しかしかけ放題を活用すれば、電話代を節約する事は可能です。


WEBのブロードバンドに似た料金プランになりますが、電話の使用頻度が多い時などは、検討してみる価値があります。

通話した分だけ料金が発生するのでコストが大きくなる

法人によっては、かなりの頻度で電話をしています。

例えば営業マンがあてはまります。

営業マンは、時には外回りに行く事もあり、そして取引先との商談が完了したら、会社にその結果を報告する事もあります。

また取引先から契約を取る為に、電話するケースも多いです。

電話料金というものは、使った分だけ支払う事が必要で、分かりやすい例として公衆電話があります。

現在ではほとんど見かけなくなった公衆電話ですが、カードや硬貨などを挿入して通話ができる仕組みになっており、通話した時間分だけ料金を支払う事になります。

27秒につき10円の場合は、81秒通話すると30円となり、いわゆる従量課金制といったものになります。

ですから通話時間が長くなれば、電話料金も高く付いてしまう訳です。

上述のように業務で電話していれば、自然と料金が高くなってしまう事も多く、「料金を何とかしたい」というニーズを抱えている企業も多いです。

ブロードバンド回線のような定額制のプラン

ところで電話会社は、様々な料金プランを提供しています。

上述の従量課金制のプランの他に、電話会社によっては通話し放題のプランもあります。

いわゆる定額プランで、通話し放題の場合は通話月額は一定の範囲内になります。

身近なサービスで言えば、ブロードバンドです。

そもそもネット回線は、以前は従量課金制でした。

ダイヤルアップなどはその1つで、ネット回線に接続している時間が長ければ、それだけ多くの料金を支払う必要があります。

ダイヤルアップの問題点は、「使用時間が長くなると、料金が高く付いてしまう」事です。

ずっとWEB回線に接続し続けていれば、料金が数万円以上になってしまう場合があります。

状況によっては、10万円を超えてしまう事もあります。

それに対してブロードバンド回線は、月額以上になる事はありません。

例えばWEB回線の月額利用料は7500円だとすれば、7500円以上になる事はありません。

ですからネット回線を使用する時間が長ければ、ダイヤルアップよりもブロードバンドの方が格安になります。

通話し放題のプランは、そのブロードバンドのような料金システムになる訳です。

ですから会社での通話時間が長ければ、通話し放題のプランの方がお得になります。

毎月どれぐらい電話料金を節約できるか

通話し放題プランの月額は何円程度になるかと言うと、利用する電話会社次第です。

例えばある電話会社の場合は、月額3000円になりもちろん長時間通話しても、3000円以上になる事はありません。

そうかと思えば、月額2700円の電話会社もあります。

通話時間が長ければ、その定額プランにしておく方が、基本的にはお得になります。

通話時間が極端に短い法人ですと、かえってマイナスになる可能性はありますが、よく電話する法人なら定額の方が格安です。

その通話し放題のプランに変更すると、毎月の電話料金が数割程度は削減できる事もあります。

60%ほど通話料金を節約できる事が多いですが、状況により90%ほど節約できる可能性もあります。

ですから毎月の料金を気にしている法人は、しばしば通話し放題のプランに乗り換えています。

法人の予算には、限界がありますので、無制限に予算を使える訳ではありませんし、通信費が高く付いてしまうのも問題です。

しかしかけ放題のプランに変更すれば、その料金を安く抑えられるケースも多いです。

状況によっては、かなり料金を節約できる事もありますし、検討してみる価値はあります。

おすすめ関連記事