電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代の削減を依頼する流れ


会社の経費として通信費があり、営業の電話などを行っている会社では経費がかなりかさんでいるかもしれません。
いろいろな方法で通信費を減らせる仕組みがあり、仕組みを提案してくれる業者がいます。まずは相談をしてみると良いでしょう。

 

現状分析をして効果があるかを調べてもらう

ビジネスにおいて、電話は非常に重要なコミュニケーションアイテムです。インターネットやそれに類する通信サービスもありますが、電話で通話する方が効率がいい時もあります。簡単な確認を手っ取り早く行えるメリットもあります。営業などの電話を良くかける会社だと毎月の電話代がかなりかさんで気になるときもあるかもしれません。そんな時は電話代削減を提案してくれる業者に依頼することを考えてみましょう。

まず流れとしては業者の選定などがあり、その後に実際に業者に来てもらって現状分析をしてもらいます。どんな電話が多いのか、毎月どれくらいの電話を使っているのかなどです。すべてにおいて削減できるわけではないでしょうから、分析をした結果どれくらい効果が出そうかを教えてもらえます。

サービスを利用すればそれに対するコストもかかるので、サービス利用コストよりも削減コストの方が多いのであれば利用するメリットがあると言えます。利用しても削減効果がない時もあれば、大幅に削減できるの時もあるのですぐに利用した方がいい時もあるでしょう。

 

営業の電話やコールセンターなどでメリットがあるか

会社から電話をするケースとして、営業の電話があるかもしれません。顧客に対して電話をすることもありますし、顧客でない会社に自社の商品を知らせるためにかけることもあります。顧客であればいろいろ発注に関する話などをするときもあるでしょうが、それほど通話時間はかからないでしょう。さらに顧客以外に自社商品を伝えようとしても断られてすぐに切られるときがあります。でも一般的な電話は3分単位でかかるようになっているので、1秒しかかけていなくても3分かけても同じ課金がされます。

電話代削減を依頼する流れとして、自社において営業の電話やコールセンターの電話の割合がどれくらいあるかの検討があります。サービスを提供してくれる業者によっては、3分以内の短時間で課金をする仕組みを提供してくれるところがあります。1秒単位で課金をしてくれるため、短い通話であればその分課金を減らすことができます。利用するメリットが大きくなりそうです。

一方で長い通話が多いならあまりメリットは得られません。自社にメリットがあるかどうかを検討する必要があります。

 

必要に応じて新たな回線の工事を行う

電話といえば、従来は一般的な電話回線のみで利用されていました。しかし今はそれ以外の回線を使っても利用することができます。インターネットなどの利用として普及が進んでいる光ファイバーケーブルがありますが、こちらを使っても電話サービスが利用できます。これまでの電話回線を使うよりも安く利用できる可能性があり、使っていないのであれば新たに設置をした方がいいかもしれません。

電話代削減を依頼する流れとして、新たな回線の工事があります。光ファイバーケーブルの施設は電話回線のようにすでにどのオフィスや家庭にも行われているわけではありません。都市部であればある程度の地域まで設置されていますが、そのビルに設置されているかどうかはわかりません。ビルに来ていないならまずビルに引き込み、さらにビルから利用したいフロアに引き込むための工事をしてもらう必要があります。

ひかり回線を使うことで大幅に削減されることが分かればひかり回線を検討しなければいけませんが、無いのであれば工事を先にしなければいけません。

 

電話のサービスには一般的なサービスの他にいろいろなサービスがあります。上手く選択することで通信費を減らせるものの、すべての会社でメリットがあるわけではありません。まず利用効果を調べてもらい、効果があるなら導入を検討します。

サイト内検索
電話代コスト削減おすすめ業者
ワイズヴォイス株式会社
株式会社ドリームソリューション
株式会社アジャストワン(オフィスライン)
株式会社コスト削減グループ(ネオ・ビジネスライン)
株式会社アライブネット(アライブライン)