電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代の削減を依頼する際の注意点とは


電話代削減の注意点は、主に3つあります。1つ目は、元が取れるまでの利用期間を確認しておく事です。また今までに使用していたサービスを、そのまま利用できるか否かを確認するのが、2つ目です。そして3つ目が業者を慎重に選ぶことです。

 

 

 

元が取れる分の最低使用期間を確認しておく

電話代を削減する場合は、新たな機器購入が必要な事もあります。例えば通信コストを下げる為に、A社からB社に乗り換えました。ところがB社では、A社の機器に対応していません。B社のサービスを利用する為には、専用機器の購入が必要な事があります。そして機器を購入する以上は、もちろんお金を支払う事になる訳です。

しかしB社に乗り換える事により、通信コストも下がる訳です。仮に、B社に対応している機器の価格は3万円だとします。そしてB社に乗り換えた事で、通信コストが月1500円下がれば、最低20ヶ月は使用し続ける必要があります。この20ヶ月という点を、確認しておくのが望ましいです。

乗り換えた後の使用期間が短いと、赤字になってしまう場合があります。確かに月1500円下がるなら、長期的に回線を使用し続ければ、元は取れる計算になります。しかし10ヶ月程度しか使用していない場合は、合計15000円になる訳です。機器の購入価格である3万円に達しませんから、赤字になってしまいます。ですから10ヶ月ぐらいの短期では、回線を切り換えた意味が無くなってしまう訳です。最低何ヶ月程度は使用し続ける必要があるかは、確認しておくべきです。

留守電などのサービスを継続利用できるかを確認

ところで電話会社は、それぞれサービス内容は異なります。回線の状況も異なる都合上、乗り換えをした後は、今までと状況が変わってしまう場合があります。具体的にどのように変化するかは、確認しておく方が無難です。

例えば上述のように、A社からB社に乗り換える前に、A社の留守番電話のサービスをよく使っていたとします。そしてB社の料金が格安だと思い、乗り換えたとします。ところが乗り換えた後に、留守電サービスが使用できないと発覚する事があります。今まで使用していたサービスを利用できないので、不自由になってしまう場合があります。

現に、着信番号によっては、留守電サービスが利用できない事もあります。050などの番号ですと、今までのサービスを継続利用できない事もあるので、注意が必要です。ただし電話代を削減する際には、代理店などに依頼する事にはなります。依頼する際には、「今までのサービスは継続利用できるか」を、代理店に確認しておくと良いでしょう。その方が、トラブルも避けられる傾向があります。

電話乗り換えの専門会社は慎重に選ぶ

電話代削減のために早く専門会社に依頼したいと考えることも多いと思いますが、会社選びは慎重になるべきでしょう。専門会社のサービス内容にはそれぞれ特徴があります。例えば「電話番号、電話機変更の必要がないプラン」を提供している会社や「導入後のトラブル対応や改善提案、メンテナンスの対応をしてくれる」「多様な料金プランを用意している」などの特色があります。

それぞれの会社のサービスの違いをインターネットで調べたり、専門会社に相談して、よく理解し比較することで自身の会社に合った電話代削減方法を選ぶことが出来るでしょう。専門会社の中には無料診断を受け付けているところもあるので、利用してみるのも良いかもしれません。考えるべきポイントが多いため迷うこともあると思いますが、総見積もりやサービス内容を比較していくことで、利用するにあたり自身の会社にとって「一番重要なことは何か」考えを整理することができるはずです。

ですから電話代を削減したい時は、今までのサービスを継続利用できるかどうかを確認し、元が取れるまでの期間も理解しておくことが望ましいです。結局は、電話代の削減に関する専門会社を比較するのが無難です。各会社は、それぞれサービス内容も異なりますし、総見積もりなどで比べてみると良いでしょう。

サイト内検索
電話代コスト削減おすすめ業者
ワイズヴォイス株式会社
株式会社ドリームソリューション
株式会社アジャストワン(オフィスライン)
株式会社コスト削減グループ(ネオ・ビジネスライン)
株式会社アライブネット(アライブライン)