電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代削減とは何?

電話代削減とは何?

 

電話代は計算の仕組みを把握しないと節約できないため、どのような内容を知れば良いか把握する必要があります。
電話はビジネスなどをするために必要不可欠ですが、そのまま使い続けると出費が増え続けるため対策を講じたいものです。

 

他の会社やプランに変えるきっかけをつかむ

電話代は企業の経費の中でも多くの割合を占め、顧客や取引先との情報交換を頻繁にするためには1回あたりにかかる費用を少しでも減らしたいものです。
電話は会社によって料金システムやプランの内容が異なり、それぞれのメリットやデメリットを比較し料金や安くなる方法を探すと効果があります。
電話は電子メールと違いリアルタイムで確実に情報のやり取りができますが、料金が高くなって経費が増えて困るものです。
通話料金は計算する単位によって代わり端数があれば繰り上げるため、分単位であれば1秒でも超えると59秒分余計に計上されます。
会社から請求される通話料金は61秒の通話が10回では分単位であれば20分で計算され、秒単位に換算すると1200秒になり590秒分のロスがでるものです。
秒単位の計算は分単位よりも必ずしも有利とは限らない場合もあり、計算する単位によって単価が違うこともあります。
電話代削減は会社の料金の計算方法を確かめて内容を比較し、積み重ねると以前の方法と比べて差額が大きくなることを知ると効果的です。

 

コールセンターでの通話料金を減らす方法を考える

企業に顧客などから電話をかける時はフリーダイヤルでつなぎ、コールセンターを通して担当者との情報のやり取りを行います。

フリーダイヤルは電話代を企業が負担するため、コールセンターでも1秒課金をするなど会社ごとのプランを確かめて決めることが大事です。
基本的にコールセンターを通す通話は1分程度が多いもので、3分単位で課金されていれば2分間の料金を余分に支払うことになります。
電話代削減は通常の通話だけでなくフリーダイヤルなどもあり、それぞれのプロセスにおいて課金単位を分から秒に変えると効果が高いです。
音声通話はなるべく短く済ませたいと考える傾向がありますが、課金単位を分単位にすると余分な料金を支払う羽目になり逆効果になります。
コールセンターでの通話料金は課金単位を分から秒に変更すると何度でも短時間の通話を受けやすく、企業の経費削減になるため便利です。

 

さまざまな付随サービスの内容を確かめよう

電話代削減はただ単に課金単位を分から秒にすることだけでなく、会社によってさまざまな付随サービスがあり内容を比較して決めることが大事です。
音声通話は発信者から見るとフリーダイヤルでなければ負担する必要があり、気軽にかけづらくて情報のやり取りがしにくくなります。
フリーコール01200800から始まり通話料が着信者払いになり、相手も安心してかけやすくてチャンスが広がるため効果的です。
コールセンターは基本的にテレアポが電話をかけますが、コールシステムがあればボタン一つで操作できてスムーズにつなげます。
電話の取り次ぎは時間がかかるとチャンスロスにつながりやすく、短くなるように最適なシステムを探す方法が望ましいです。
電話代を削減することとは企業の利益を出すきっかけにもなり、会社によってさまざまなプランがありうまく利用すると効果があります。
電話は企業の規模が大きいと着信数も増え、余分な料金が積み重なるとロスになり減らせるようにプランを見直すことが利益を出すポイントです。

〇まとめ
★電話代は会社によって料金の計算方法が異なるため内容を比較し、余分な出費を減らしてロスをカットすると利益を出せます。
★音声通話はリアルタイムに情報のやり取りができて便利で、通話料金を少しでも安くする方法を知ると効果的です。
★通話はフリーコールなどもあり相手にかけやすくするとチャンスを増やせ、課金単位を変えることやサービスを利用すると出費を減らせます。