どうしてもコストがかさむコールセンターでの通話料金を減らすには?

電話を多く使うテレアポ会社のような企業では、通話料金削減のために電話回数を減らしてしまっては、その分業績にかかわります。そのため、通話料金を少しでも減らすための方法として、電話料金を削減できるサービスを提供している会社を利用するという選択肢が挙げられます。

営業電話にはどのくらい電話料金の無駄があるか考えてみよう!

個人向けの携帯電話で行われている定額話し放題のサービスはまた別の話になりますが、電話をかけると、その通話時間分だけ料金を支払う必要があるというのは常識ですよね。家庭の固定電話や携帯電話でも、同じことが言えるはずです。

通話時間と料金の関係
たとえば3分を1秒でもオーバーした場合は3分単位の課金なら6分、1分単位の課金なら4分の料金というように、繰り上がって計算されてしまうんですね。端数になった秒・分数が切り捨てられることはまずありません。
繰り上げ計算
通常の電話で通話時間をチェックしながら話すことはほとんどないかと思いますから、きっちり1分または3分で通話を終えることはないでしょうから、普段の通話ではたいてい端数が発生しているはずです。つまり、通話ごとに端数分が繰り上がった通話料金を支払っていることになります。そう考えると、毎回出ている端数分の通話料金がもったいないですよね。
法人ではどうか?
法人向けの電話でも、同様に3分単位での課金が行われているケースがあります。個人の電話と同じく、端数分は切り捨てられることなく、繰り上げて計算されてしまいます。電話を多く使うコールセンターのような場所で端数分の通話料金まで支払っていては、ムダな通話料金だけでとんでもない額になることは珍しくないでしょう。
営業電話の現状
電話営業の経験がない方から見ると、テレアポの仕事をしている人は1日中喋っているというような印象があるかもしれません。しかし実際には、「営業はお断り」と言われて電話を切られてしまったり、「担当者が不在」という理由で何度もかけなおさなければならなかったり、小規模な会社さんだといつも留守電になっていたりと、まともに自分たちの商品の説明を喋らせてもらえる時間って、実はほとんどないんです。

割合でいうと、営業電話のうちおよそ80%が1分以内に通話を終了しているというデータもあります。つまり、3分や1分単位の課金形態というのは、短い通話時間で終了することが多い営業電話ほど不利というわけです。

電話料金のコスト削減を検討している方は、まず1人あたりの通話時間の平均を可視化してみましょう。

コスト大幅削減を実現

「秒課金」サービス

なぜ秒課金?

コールセンターに適したサービス

これは、1分単位の課金でも発生していたムダな通話料金をギリギリまで下げる方法として、1秒単位の課金がもっとも無駄を減らしてコストつなげられるから、という理由があるからだと思います。使用状況にもよりますが、秒単位の課金は最大で90%もの通話料金のコストカットの実現ができるほど、高い効果が期待できるともいわれています。

高い効果が期待できる理由

営業電話やコールセンターでの通話の特徴にあり

通話内容や通話時間の特性を考えると、特にコールセンター業務を行っている企業では、秒単位での課金を行ってもらえるサービスを利用した方が本当に通話に利用した分だの時間だけ通話料金を払えばいいので、通話にかかるコストを大幅に減らせる期待ができます。

プランの種類について

複数の料金プランを用意していたり、定額話し放題を提供しているところもあります。

プラン例

秒課金、1分課金、3分課金、定額制など…

どれがいいの?!

いずれのサービスが最も適しているかという点は、各サービス提供会社で企業の利用状況を分析・判断して提案してもらえます。

電話代コスト削減(応用編)

通話料金コスト削減ができるサービスを提供している会社の多くでは、コールセンターで便利に利用でき、かつコスト削減にもつなげられるさまざまな不随サービスも併せて利用できるようです。

1

フリーコールの割引サービス

コールセンター向けのサービスとしての通話料金削減サービスと併用できるものとしては、0120や0800から始まる通話料着信者払いのフリーコールの料金も安くできるサービスがあります。テレアポではなく、外部からの受電が多いカスタマーサービスなどを行う企業では、フリーコールのコストが高くなることもあるでしょう。通常、フリーコールは電話の発信にかかる料金のような割引を受けられることが少なく、コストを下げるのは難しいのだそうです。

2

「秒課金」でコスト削減

コールセンター向けのサービスとしての通話料金削減サービスと併用できるものとしては、0120や0800から始まる通話料着信者払いのフリーコールの料金も安くできるサービスがあります。テレアポではなく、外部からの受電が多いカスタマーサービスなどを行う企業では、フリーコールのコストが高くなることもあるでしょう。通常、フリーコールは電話の発信にかかる料金のような割引を受けられることが少なく、コストを下げるのは難しいのだそうです。

3

コールシステムで業務効率化

また、コールセンターの業務効率向上を叶えるコールシステムを同時に提供している会社もありました。コールセンターでは、多数のテレアポがそれぞれ電話をかけていますが、1日100件を超える架電となると、その集計だけでも大変な仕事になることは想像に難くないでしょう。

4

通話料金削減サービスの併用

そんなコールセンターでの業務では、電話をかける際のダイヤルひとつも、時間がかかることがあります。コールシステムがあれば、ボタンひとつ押すだけで電話をかけられ、コール数を増やすことも可能。通話内容の録音ももちろんでき、稼働状況などを分析して自動的にレポートを抽出までできるのだそうです。そのデータによってさらに業務効率化が望めるというわけです。通話料金が削減できるサービスと共に使用すれば、業務改善をして効率アップもでき、一石二鳥の組み合わせになりそうですね。

5

業務の効率化がミソ

ただ単純に通話料金のコストを減らせるだけではなく、業務そのものを改善できるサービスも併用できる会社が多いなという印象がありました。通話料金をできるだけ安く済ませるのも大事ですが、コールセンターでは業務効率化のためにオペレーターの業務の品質アップも重要視されているといえそうです。

6

コスト削減業者を活用しよう

今回ご紹介した会社には、ビジネス利用向け、またはコールセンター向け大口契約向けの割引サービスを実施しているところもありました。このようなサービスを利用すれば、さらに通話料金をお得にできるでしょう。
コールセンターでは必ずかかる費用である通話料金をできるだけカットして、さらに業務効率化を図れるサービスを利用してみると思いのほか削減効果を実感できるかもしれませんね。