電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代削減を個人で行う場合と業者に依頼する場合の違いとは

個人事業主として1人で仕事をしている場合に問題になることに、電話代の費用を挙げられます。

仕事で毎日のように大勢に対して電話をかける必要があると、電話代のコストは大きくなります。

世の中には電話代削減に役立つ業者があるために、利用すると個人単位で行う対策と違いが現れます。

 

個人単位でできる対策には限界がある

業務で電話を使用する人は1日に100件以上かけることも普通です。

コールセンターの業務を行う会社を運営している場合には、個人で電話するよりも法人向けサービスを使える業者と契約したほうが電話代削減になります。

個人でできる対策は、携帯電話の定額コースを選ぶことや、かけ放題コースを選択することです。

一般人ならば電話をした通話時間の料金が発生することになり、携帯電話でも固定電話でも同じように費用がかかります。

通常の場合には分単位で料金が変わってくる設定になっていて、1分や3分が経過するごとに料金が発生します。

普通の人は1分か3分をしっかりと計算して電話することは難しく、時間を計りながら業務をこなすことは不可能です。

従って、電話代削減を行うための方法は、回数を減らすしかありません。

しかし、仕事で使っている人は電話をする回数が減ることは、業績の悪化に繋がる恐れがあります。

 

業者ならば自分の業務に適したプランを選択できる

営業のために個人で電話をするときの時間は、3分以上かけるよりも1分以内のケースが多いです。

仕事だと電話する件数そのものが多いですので、1回あたりの時間を短くすれば電話代削減になります。

営業でかける電話が短いことが増える理由は、すぐに断られるケースがあるためです。

そのような場合を含めると、電話をかけている時間はできる限り短いほうがコストカットに繋がります。

しかし、実際の契約を獲得するためには長い時間の電話も必要です。

通話料金を削減するサービスを提供している業者を利用すれば、長い時間の電話の場合も料金が安くなるプランがあります。

携帯電話だけではなく、固定電話でも定額料金制やかけ放題プランが用意されているので、自分の業務に適したプランを選べる点がメリットです。

通常の課金方式と比較しても、業者を利用すれば通話料金自体が安く設定してあるためにコストカットできます。

業者ごとに選べるプランに違いがありますが、1分単位と3分単位、秒単位でプランを選択できる他、定額かけ放題プランを選べることが大きいです。

 

業務ごとの割引サービスを受けられる

たくさんの電話をかける必要のある個人で行う業務は、コールセンター業務が多くなります。

電話代削減が可能な業者のサービスでは、コールセンター向けのコースも選べます。

業者のプランの中には、通話料金を着信者払いにできるものもあり、フリーコールのサービスでも料金の削減が可能です。

利用者からのお問い合わせを受け付けるカスタマーセンター業務の場合には、フリーコールを受けることでコストがかかります。

専門の業者ならば、フリーコールの料金が割引されるサービスを行っているところがあります。

カスタマーセンター業務をしている人は、フリーコールの割引サービスがある業者を利用することでコストの節約ができます。

電話代を安くするための業者は個人向けと法人向けの両方のコースを用意しており、契約した場合の料金が違います。

一般的に法人向けの契約のほうが月額料金が安くなるので、コスト削減に良い方法と言えます。

自分だけで事業を立ち上げていたとしても、会社設立の手続きを役所に届け出ることで法人化が可能です。

法人向けのコースを選択できる業者を見つけて契約をすれば、1人で多くの人に電話しても料金が安くなります。

 

個人単位で行える電話代削減の対策は、現実的には難しく、携帯電話の定額コースやかけ放題コースを選ぶことぐらいしかありません。

電話代削減に利用できる専門業者があり、依頼すれば複数のプランの中から最適なものを選べます。

また、特定の業務に対して割引サービスをしている業者もあるために、無駄なコストをカットするために有益です。