電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代削減の回線開通方法


電話を使って仕事をするとき、当然ながら電話のコストがかかります。その中には無駄があるかもしれません。
無駄を減らせれば、通話コストが減らせて経費も減らせ利益アップにつなげられます。
ではどうやって利用するかになります。

 

契約をするだけで設備は特に変更なし

電話サービスは元々国営で行われていました。それが民営化されて他の事業者が参入し始めます。と言っても他の業者を使っても一から電話の線を引き直したり電話の機器を交換したりする必要はありませんでした。電力やガスの自由化の時と同様、それまでの設備をそのまま使えました。

現在は電話に関する様々なサービスがあり、うまく活用すると通話料を減らせるかもしれません。ある業者では電話代削減として短い単位で通話料を計算する仕組みを提供してくれます。通常は3分単位で課金されるのを1秒単位で課金されるので、3分以内の通話が多い事務所ではかなり通話料を減らせそうです。

では利用するときの回線開通方法ですが、サービスの契約をするだけになります。契約をすると自動的に業者のサービスにつながり、このサービスの課金になります。電話線であったり電話機などを変更する必要はありません。電話番号なども何も変わりません。社員などに知らせなくても、今までと同じように業務を行えます。ただ通話のコストがどんどん下がるだけです。

 

インターネットを使って通話を行う

電話をするときには通常の電話線を使いますが、インターネットを行うときにはどんな仕組みを使うかです。まずは通常の電話からADSLを通じた方法があり、さらには光ファイバーを使う方法があります。その他に無線のサービスを利用することもあるかもしれません。一般的な電話は、電話で通話をしたときに課金されますが、それ以外の電話のサービスとしてインターネットを使うものがあります。

電話代削減のサービスとしてインターネットを使うときの回線開通方法としては、インターネットのための設備の設置になります。IP電話と言われていて、インターネットが使える状態であれば利用ができます。これまでの電話でも使えますし、光ファイバーでも使えます。ひかりファイバーの方が高速になりますが、電話そのものは一般的な電話とほとんど変わりません。コールセンターとして電話を使うときなどに良いとされているので、検討してみましょう。

従来の電話を使うなら特に新たに設備を設置する必要はありませんが、光ファイバーを使うなら引き込みなどが必要になります。

 

通話の効率アップや無駄を減らすシステム

電話をするとき、かけたい相手の電話番号を押して相手が出るのを待ちます。希望の相手が出ればそのまま話をします。常に希望の相手が出てくれるかですが、電話番号を間違えるとさすがに出てくれないでしょう。もちろん間違い電話をしたときにも通話料がかかるので、無駄な電話料金がかかってしまいます。その他人がコールをすると、ボタンを押す時間が無駄になるときがあり、効率的にコールをすることができません。

電話代削減のサービスとして、通話の効率アップや無駄を減らすシステムの提供があります。回線開通方法としては、パソコンと電話の接続になります。業者が提供するシステムを導入すると、あらかじめリストアップした相手に自動的にコールをしてくれます。人がプッシュするよりも早くプッシュしてくれるので、プッシュ時間の短縮になります。

登録されているナンバーに間違いがなければかけ間違いがありません。間違い電話による無駄をなくせます。一般的な電話の仕組みでも、システムを導入することで無駄をなくし効率化アップが期待できます。

 

通常は3分単位での課金になりますが、3分以内の通話だと無駄な課金が多くなります。そこで1秒単位で課金するサービスを利用します。契約をすればすぐに使え、電話線や電話機などの交換は不要です。その他IP電話で通話コスト削減を目指す方法もあります。