電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代削減をするために電話機を買い替える必要がある?

契約変更などの手続きを行いますと、機器の買い替えが必要になる場合があります。
しかし電話代削減の場合は、買い替えは不要な事が多いです。
電話回線自体が変更されるだけで、電話機は変える必要は原則ありませんが、例外も見られます。

 

 

 

機器をそのまま利用できるかという不安

電話代を削減したい時には、電話会社も変更する必要があります。

例えばある時まではA社の回線を使用していたものの、コストが少々高いとします。
そこで他社の回線への乗換えが検討される場合があります。
A社よりも格安なB社に変更すれば、通話コストなども削減される時には、乗り換える選択肢もあります。
ただし乗り換えれば、もちろん契約する会社は変更ということになるので、今まで使用していた機器に関する不安感が生じる事があります。

現に格安スマホなどは、確かに機器の対応状況がポイントになります。
A社からB社に乗り換えた時などは、A社のスマホはB社でも使用できるとは限りません。
そのため、会社で使用している固定電話の料金を削減したい時は、今まで使用していたビジネスホンなどは継続利用できるか不安になってしまう場合があります。

基本的に機器はそのまま利用できる

結論を申し上げると、たいていは今まで通りに機器を継続利用できます

上述のA社で契約していた時に、Cという機器を使用していたとします。
A社からB社に乗り換えた時でも、Cという機器は継続利用できる事が多いです。
そもそも電話の回線が切り替わったからといって、機器の変更まで求められる訳ではありません
乗り換え先のBの回線は、幅広い機器に対応している事も多いです。
Cという機器も例外ではありませんから、特に買い替えなども求められません。
したがってB社に乗り換える前に、わざわざ機器を新たに購入する必要はありません。

回線が変更になるのは、機器とはまた別問題になります。
回線のタイプは変更になりますが、それが機器に大きな影響を及ぼす訳ではないので、上述の格安スマホとは、事情が異なる訳です。

光関連の回線では買い替えが必要な事も

WEBと連動している回線に乗り換えた時には、電話機の変更が必要になる事例はたまにありますが、その確率も低いです。

例えば、光ファイバーに連動している回線に乗り換える選択肢があります。
光ファイバーに関連する回線は、確かに通話料は低くなる事が多いです。
全国に対する通話料金は、距離に応じて、料金が変わる訳ではないので、一律になります。
今まではアナログ回線を使用していた法人が、その光の回線に乗り換えをした時は、かなり通話料も削減できる傾向があります。

ところが光の回線は、一部のビジネスホンとの相性が良くない事もあります。
そもそも法人が使用しているビジネスホンは、非常に多彩です。
中には、かなり古い年式のビジネスホンを使用している法人もあります。
光の回線の場合は、やや古いビジネスホンに対応していない事があるため、古いビジネスホンを使用していた時には、回線の乗り換えに伴い、機器の買い替えが必要な事はあります。

ただし、その確率は低く、確かに買い替えが必要なパターンもありますが、そもそも対応していないビジネスホンの種類自体が、極めて少ないです。
多くの法人が使用している機器なら、今まで通り使い続けられる傾向があります

 

電話機の買い替えが必要であるか否かは、状況次第です。
たいていは買い換える必要はありませんが、稀に例外もある訳です。
そして買い替えが必要であるかどうかは、調べてみないと分かりません。
まずは電話代削減の専門会社に連絡し、相談してみると良いでしょう。
専門会社に連絡すれば、買い替えが必要かどうかも調べてくれます。