電話代(通話料金)コスト削減におすすめの業者はこちら!口コミや評判を基に比較厳選して紹介します!

電話代削減をしても電話番号はそのまま使える?

電話代削減を検討しますと、電話番号に関する不安感が生じる事もあります。
電話会社の乗り換えに伴い、番号が変更になるかどうかは、MNP次第です。
その手続きが可能な回線ならば、引き続き同じ番号を使い続ける事はできます。

 

 

 

 

新しい番号を伝えるのが大変というネック

電話の回線は必ず電話会社から提供されており、その番号を変更する事自体は、可能です。
現在はA社の回線を使用していて、毎月1万円は支払っているとします。
しかしB社に乗り換えれば、7000円や8000円台などに減らす事もできます。

しかし、A社からB社に乗り換える際に、番号変更が不安になってしまう事もあり、特に法人は、その傾向が顕著です。
法人の場合、多くの方々に電話の番号を伝えています。
複数の取引先に対して、番号を伝達している法人も少なくありません。
しかし上述のように料金が安くなっても、一旦は番号が変更されてしまうと、新しい番号を伝える事になってしまいます。
法人によっては、かなり多くの方々に番号を伝えています。
100人に伝えていた場合、番号が変更されてしまうと、100人に対して新番号を伝えなければならなく、その手間は非常に大きいです。

MNPの手続きで番号は引き続き使える

しかし新たな電話会社の回線にしても、基本的には番号は引き続き使用できます。
MNPという手続きを踏む事になるからです。

その流れは、次の通りです。
上述のようにA社からB社に乗り換える時には、まずはA社に連絡します。
他の電話会社に乗り換えたいという旨を、伝達するのですが、基本的にはA社のコールセンターなどに連絡し、番号を変更したいという旨を伝えます。
たいていの電話会社は、番号変更の手続きは問題なく受け付けてくれます。
その際に、MNPに関する番号が伝えられる訳です。そのMNP専用の番号を、改めてB社に伝達します。
するとB社は、その専用番号を元に事務手続きを進めてくれる訳です。
それでB社での手続きが完了すれば、番号を今まで通り使用し続ける事ができます。

このような手法を用いれば上述のように100人に対して新しい番号を伝達する必要もありません。
ただし番号変更の手続きは、基本的には代理店などに任せる事になります。
というのも法人によっては、電話の回線の状況が少々複雑な事もあり、自社にて自力で手続きを進めるのも大変です。
そのため通話料の削減に関する専門業者に依頼し、代行してもらうケースが殆どです。
専門業者に任せれば、上述のMNPの手続きも、スムーズに進めてくれます。

回線によっては少々難しい事もある

ただ、「必ず」今まで通りの番号を使用し続けられるとは限りません。
電話会社によっては、それが少々難しい事もあるので、注意を要します。

例えば光回線が関わっている時です。
最近では通話料を削減する為に、光回線に乗り換える方々も増えてきています。
複数番号を保有している方々は、その回線に乗り換えている事も多いです。
ところが光などのネット回線が関わっている番号だと上述のMNPの手続きは難しい事があります。
他社に変更しますと、番号は必ず変わってしまうパターンもあるので、番号を引き続き使用できるかどうかは、回線の状況次第です。
番号変更をどうしてもそのまま使いたいという場合は、上述の代理店に相談してみるのがおすすめです。
代理店の担当者に相談してみれば、何らかの方法で番号を引き続き利用できる事もあります。
番号変更が気になる時は、まずは代理店に連絡してみてください。

 

電話回線を変更しますと、番号も変わってしまうかどうかは、状況次第です。
ただ番号が変更になってしまう確率は、それほど高くありません。
大抵の法人の回線なら、番号は今まで通り使う事ができます。
まずは電話代削減に関する業者に連絡し、相談してみると良いでしょう。